最適な治療を行うための診察と検査

医師による問診と診察、脂肪便などの症状、画像診断などを総合して診断します。

01

診察

02

血液・尿検査

03

画像診断

04

診断

05

治療

診察

問診や触診、便の検査などを行います。
問診では、症状や病歴、脂肪便の状態、日常の生活状況などが詳しく聞かれます。

血液・尿検査

膵臓の消化酵素、栄養の欠乏具合などを検査し、病気の有無や進行具合を調べます。

  • 血液検査栄養状態をみるためにアルブミン、総コレステロール、ヘモグロビン、膵酵素(アミラーゼ、リパーゼなど)などを測定します。栄養状態が悪いといずれの数値も低下します。
  • BT-PABA試験膵臓の外分泌機能を調べます。尿中PABA排泄率70%以上を正常とし、70%未満を膵外分泌機能不全と診断しています。

画像診断

膵臓の炎症やがんが疑われるときは、膵臓の中に異常なところがないか画像で調べます。

EUS(超音波内視鏡)

内視鏡の先端に搭載された超音波の装置で、膵臓の内側から画像をとらえるため、表面からは見えないところを調べることができます。

超音波内視鏡(EUS)

ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)検査

内視鏡を十二指腸まで入れ、膵液が膵臓から十二指腸へ流れる出口から造影剤を膵管、胆管内に注入し膵管や胆管をX線で撮影します。

ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)検査

MRCP(MR胆管膵管造影)検査

磁気を利用して胆管や膵管の画像を撮影します。内視鏡を使わないため、からだへの負担が少なくなります。

MRCP(MR胆管膵管造影)検査

超音波(エコー)検査

超音波の画像で内臓の状態をみることができます。

超音波(エコー)検査

CT検査・MRI検査

CTはX線、MRIは磁気を利用して内臓の画像を撮影します。

CT検査・MRI検査