東京女子医科大学消化器内科 教授 清水 京子先生 俳優 哀川翔さん

第1回では、「慢性膵炎」がどんな病気なのかを東京女子医科大学・清水京子先生に教えていただきました。第2回は、慢性膵炎が最も多いと言われている世代を代表して俳優・タレントの哀川翔さんにご登場いただき、慢性膵炎を放っておくとどうなるのか、清水先生に聞いてもらいました。

俳優 哀川翔さん

「慢性膵炎とはどのような病気なのでしょうか?」(哀川さん)

「すい臓がダメージを受け、炎症を起こすのが膵炎。それを何度も繰り返し、
すい臓の機能が悪くなるのが慢性膵炎です」(清水先生)

哀川さん芸能界でも時々、膵炎になったことを公表する人がいるのですが、症状を詳細に語る人は少なくて、実はどういう病気なのかあまり知らないんです。

清水先生胃や腸の病気のように頻度が多い病気ではないので、ご存じないのも当然です。すい臓がダメージを受けて、炎症を起こした状態が膵炎です。膵炎には大きく2つ、急性膵炎と慢性膵炎があります。すい臓には食物を分解する消化酵素があるのですが、ある刺激を受けて急激にすい臓の中で消化酵素が活性化され、すい臓を溶かしてしまうのが急性膵炎、この急性膵炎を何度も繰り返し、すい臓の機能がどんどん悪くなってしまうのが慢性膵炎です。

哀川さんなるほどね、膵炎になる原因は何ですか?

清水先生特に男性の場合、一番はお酒です。たばこや脂っこい食べ物も良くないです。男性の場合、2番目に多いのは胆石ですが、女性は胆石が一番の原因です。

哀川さんでは、お酒を飲まなければ、膵炎になる可能性は低いってこと?

清水先生確かにそうなのですが、実はそうと言い切れないのです。女性に多い特発性慢性膵炎という原因は明らかではない膵炎があります。また、最近、原因の一つとして注目されているのが膵炎関連遺伝子です。子どもでも慢性膵炎になってしまうことがあり、その原因を探ったところ、遺伝性の慢性膵炎があることが明らかになりました。

哀川さんなるほど。遺伝、つまり生まれつきという原因があるのも驚きですね。男性はお酒が一番の原因とのことですが、飲む量も関係するんですか?

清水先生大いにあります。日本人はアルコールを純エタノールに換算して60グラム以上、毎日飲んでいると明らかにリスクが高まるというデータもあります。ビールに換算すると、500ミリリットル缶3本くらいでしょうか。哀川さんは、お酒を結構飲まれるほうですか?

哀川さん最近は1日に焼酎水割りで2杯くらい。30代半ばぐらいまではむちゃくちゃ飲んでいたけれど、子どもが出来てから早寝をするようになり、そんなにたくさん飲まなくなりました。

清水先生焼酎はビールと違ってアルコール度数が高いので気をつけた方がいいですよ。

哀川さん水割りで結構薄めて飲んでいるので大丈夫だと思うのですが。

清水先生ほどほどになさっているなら良さそうですね。たばこは吸われますか?

哀川さん吸います。

清水先生たばこは急性膵炎と慢性膵炎、どちらのリスクも高まります。同じ量のお酒を飲んでいても、たばこを吸っている人のほうがなりやすいです。すい臓がんの他、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞のリスクも高くなります。

哀川さんよくそう言われます(笑)。ただ、昔に比べれば、たばこの本数はかなり減っています。日々の食事については、あまり油っこいものは食べなくなったかな。僕はすぐに体重が2キロぐらい増えてしまうので、体が重いなと感じたら妻に食事の量を調整してもらっています。彼女は僕の体調に合わせて食事を考え、場合によってはちょっと野菜を多めにしてくれます。だから自分ではそんなに気を使ってないのですが、妻のお陰で不健康ではないですね。

清水先生それは良いことですね。脂っこい食べ物はすい臓を刺激するので食べ過ぎはよくないです。お酒をたくさん飲んで、なおかつ脂っこいものをたくさん食べる方が比較的多いと思いますが、そうすると急性膵炎、慢性膵炎のリスクにつながっていきます。

東京女子医科大学消化器内科 教授 清水 京子先生

「慢性膵炎の場合のお腹の痛みってどんな感じなんですか?」(哀川さん)

「食事をして数時間後から上腹部、背部が痛み出し、 だんだんひどくなって我慢できないほどの痛みになることがあります。 飲酒や脂肪の多い食事でこのような痛みが繰り返されます」(清水先生)

哀川さん知っておきたいのですが、慢性膵炎になると最初にどんな症状が起きるんですか?

清水先生初期の段階は急性膵炎と同じで、圧倒的に多いのは腹痛です。すい臓はちょうど胃の背中側にあるのでお腹の痛みだけでなく、背中の痛みや腰痛を訴える人もいます。それ以外には吐き気、お腹が張る、倦怠感などといった症状もありますね。

哀川さん僕は実はそんなにお腹が痛くなったことはなく、今までの人生で一番胃が痛くなったのはもう30年近く前、前日にビール20本ぐらい飲んだ時かな。めちゃくちゃ痛かったんだけど、膵炎の時の痛みもあんな感じですか?

清水先生胃の場合は疝痛(せんつう)といってギューッと締めつけられるように痛くなって、しばらくすると収まってまた痛くなるという症状を繰り返すことが多いのですが、急性膵炎や慢性膵炎の急性増悪の場合は痛みが始まるとだんだんひどくなっていき、ついには我慢できないほどの痛みが持続します。発症は食事の直後ではなく、数時間後に痛みが始まるというのが特徴ですね。

哀川さんなるほど、胃の痛みとはちょっと違うんですね。でも、治療を受ければ、膵炎は治るものなんですか?

清水先生急性膵炎は可逆性なので、原因となっているお酒をやめたり、つまっている胆石をとれば治ります。しかし、慢性膵炎は進行すると完治は難しくなります。そこが急性膵炎との大きな違いですね。

俳優 哀川翔さん

「慢性膵炎を放って置くとどうなってしまうんですか?」(哀川さん)

「すい臓が壊れ、食べ物が消化されなくなり、血糖値の調整もできなくなります」(清水先生)

哀川さん慢性膵炎の方が深刻ですね。放って置くとどうなってしまうんですか?

清水先生慢性膵炎は長い期間をかけて徐々に進行していきます。初期の段階ですい臓が元気に働いているうちは、お酒を飲み過ぎるとすい臓の細胞が壊れて、急性膵炎様の痛みがあります。飲酒を継続して急性膵炎を何回も繰り返しているうちに消化液を作る細胞やインスリンを作る細胞が減り、代わりに硬い線維に置き換わります。

哀川さん線維って!?

清水先生肝硬変という病名を聞いたことがあると思うのですが、あれはお酒を飲んでいると肝臓が硬くなり、線維が増えてゴツゴツした肝臓になっていく疾患ですが、そのすい臓版がまさに慢性膵炎です。

哀川さんそこまでいくとすい臓が完全に機能しなくなってしまうんですか?

清水先生そうです。普段はご飯を食べると、すい臓から消化液が出て消化していくのですが、消化液が出てこないので、食べたものが消化されません。そのため栄養を小腸で吸収できなくなって痩せていきます。脂肪が消化されないまま便に出てきてしまうと便が白っぽかったり、脂で光沢のある便、大量な便、腐ったような匂いの便になります。

哀川さん普段とは明らかに違う便が出るわけですね。

東京女子医科大学消化器内科 教授 清水 京子先生

「実はすい臓と糖尿病はすごく密接な関係なのです」(清水先生)

「医者に、糖尿病の気があると言われたら疑った方がいいんですね」(哀川さん)

清水先生すい臓には消化液を作る働きのほかに、インスリンという血糖値を下げるホルモンを作る働きがあります。高度な慢性膵炎になると、インスリンを作る細胞が減るのでインスリンが出なくなり、糖尿病になってしまうわけです。

哀川さん違う病気が新たに出てくるわけですか。

清水先生そうです。進行した慢性膵炎の合併症として、インスリン治療が必要な糖尿病や、免疫力が弱くなることによる発癌も多くなります。だから、そうなる前に、早めに治療をしなければなりません。

哀川さん聞けば聞くほど、怖い病気ですね。しかも、自分で気づくにくいところがやっかい。体重が減る、便の状態がいつもと違うというのは、自分で分かるのですが、でも、その時点ではかなり慢性膵炎が進行しているわけですよね。何より、慢性膵炎の進行と共に、糖尿病になる恐れがあるというのも衝撃でした。

清水先生糖尿病とすい臓って実はすごく密接な関係があるのです。慢性膵炎が原因となる糖尿病のほかに、すい臓がんが発見される最初のきっかけが糖尿病ということもあるのです。

哀川さんあまり自覚症状がなかったのに、いきなり「糖尿病の気がありますよ」なんて医者に言われたら、慢性膵炎かもって思った方がいいんでしょうか?

清水先生そうですね。糖尿病の原因としてどんな病気が潜んでいるかをきちんと調べてもらうことが大事です。

哀川さん分かりました。

「慢性膵炎も、早期発見・早期治療で病状の進行をとめることができます」(清水先生)

「早速、かかりつけの医者で診てもらいます、俺のすい臓、平気かな?って」(哀川さん)

清水先生先ほどから、慢性膵炎が怖い病気のようにお伝えしてきましたが、最近になって、早期慢性膵炎の段階であれば、進行を止められることが分かってきました。腹痛がする、背中が痛いといった急性膵炎の症状を何度か繰り返しているし、採血検査でもすい臓の数値が高め、超音波内視鏡で膵臓を診ると少し線維が出てきている、でも、CT検査で確認するとそこまでひどくはない、というのが早期慢性膵炎になります。原因がアルコール性であれ、この時点でお酒やたばこなど、慢性膵炎を悪化させる原因になるものをストップし、体内に入れなければ、膵臓の状態を正常に戻すことも可能です。

哀川さん慢性膵炎も他の病気と同様、早い段階で発見すれば、早期治療で進行を止めることができるというわけですね。

清水先生原因がわからないものに関して予防は難しいですが、アルコール性ではその通りです。哀川さん、人間ドックは受けていますか?

哀川さん年に1回くらいですかね。ただ、ちょっとでも風邪気味だなと思うとわりとすぐに医者に行くし、2カ月に1回の頻度でかかりつけの医者へ行って採血はしてもらっているんです。

清水先生素晴らしい! 理想的ですね。かかりつけの先生は少しの変化もちゃんと診てくれます。「ちょっと痩せましたね」とか、「今日、ちょっと元気ないですね」とか。

哀川さん今度行ったら、診てもらいます、俺のすい臓、平気?って。

清水先生ぜひ。検査方法としては血液検査、画像診断としてお腹の超音波やCT検査などがありますが、まずは採血してもらってみてください。かなり分かりますから。

哀川さん膵炎の状態は何の項目を調べてもらえばいいんですか?

清水先生膵炎の数値には、膵アミラーゼとリパーゼというのがあります。この数値が高いとすい臓が傷害を受けていることになります。
哀川さんはご自身の生活をきちんとされていて、昔はお酒もかなりお飲みになったかもしれませんけれども、今は抑えられていて、睡眠も十分。お食事も自分の体調に合わせて管理されていますし、バランスのよい食事をとっていらっしゃいますので、すごく良い生活だと思います。ただし、たばこ以外は、ですけどね。

哀川さんハハハハ。まずは血液検査で膵アミラーゼとリパーゼの数値を出してもらいますね。その結果次第ですね。今日は大変勉強になりました。貴重なお話をありがとうございました。

清水先生こちらこそ、楽しくお話させていただきました。ありがとうございました。

PROFILE

俳優 哀川 翔

哀川 翔

あいかわ・しょう/1961年徳島県生まれ。一世風靡セピアの一員として「前略、道の上より」でレコードデビュー。88年には『この胸のときめきを』で映画デビュー。TVドラマ「とんぼ」、映画『オルゴール』で一躍脚光を浴びる。90年からは東映Vシネマで数々のヒットを生み出す。映画『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』『へスタースケルター』『タイガーマスク』の他、NHK大河ドラマ「真田丸」など出演作多数。家族は妻と子ども5人(三男、二女)。長女は歌手のMINAMI、次女は女優の福地桃子。

東京女子医科大学消化器内科 教授 清水 京子先生

清水 京子

しみず・きょうこ/1984年、東京女子医科大学卒業後、同大学消化器内科研修医として入局。90年、谷津保健病院内科勤務、91年、米国ロチェスター大学研究員、94年、東京女子医科大学臨床検査科助手(消化器内科兼任)、2004年10月から東京女子医科大学消化器内科へ。18年から現職。現在は家族性すい臓がんの遺伝子解析、すい臓の線維化の機序の解明、すい嚢胞(のうほう)性疾患の診断の向上に関する研究、すい臓がんの薬物療法に関する研究などを行っている。

第3回「慢性すい炎」はどのように診断するのですか?

第3回はアナウンサーの旗本由紀子さんと慢性膵炎を専門とする福岡山王病院・伊藤鉄英先生との対談になります。この回では女性の視点で慢性膵炎をとらえ、詳しくお伝えしていきます